© 2012-2019 by PLUSH. 

  • Facebook
  • Instagram

自然豊かで温暖な気候の南房総では四季折々さまざまな色を楽しむことができます


ゆかりのある麻をさまざまな色に染め南房総の景色をハンカチに仕立てました


長方形のためランチョンマットなどの敷物としてもお使いいただけます


くらしのヒトコマにおみやげに南房総の歴史と景色をどうぞ


 


南房総と麻のゆかり


 


南房総は一宮と言われる格式の高い神社が2社あり


神事などでつかうための「おおあさ」という麻を栽培するために


徳島阿波国から訪れた一族により建てられたと記されています。


さらに彼らの開拓は安房神社を拠点とし北上し続け


それが今の房総半島のルーツとされています


彼らの開拓において麻は欠かせない作物だったのです


 


麻の特徴


 


麻は夏の寝具や衣類として馴染みのある素材で吸湿・速乾性は綿の約4倍もあります


今では紡績技術が進み緻密な織物やニット地にもできることから


綿よりも発熱性がある生地として年間通して使える様々な商品が作られています


毛足が短いため肌触りがよく


染色した際の発色も鮮やかなのが特長です


なおこちらの商品は希少な「おおあさ」といわれる麻を100%使用しております

Hemp Handkerchief

¥1,200価格
    • White Facebook Icon
    • White Instagram Icon